ビットコインを取り巻く環境とは?状況を把握してレバレッジで稼ごう!

資産運用

どうもヨシアキ(慶章)です。

今回、お話する内容は私が投資の中でも最も気になっている。

仮想通貨の王様『ビットコイン』(BTC)です。

ヨシアキ
皆さんも一度はTVのCMや電車の広告など耳にしたことがあると思いますが、詳しい内容まではわからない方が多いのではないでしょうか?

この2、3年前からいつの間にか、仮想通貨と騒がれはじめて投資家の中ではかなりリスクが高いと指摘されている。(どちらかというと投機性が強い)

2017年末からの大暴騰を経て、2018年に価格が落ち着き、2019年に入り再び価格が上昇しつつあるビットコインや仮想通貨の現状を気にされている人は多いのではないでしょうか?

今後、取り巻く状況は常に変わっていく中で、発展に向けての課題なども多くあります。

これからビットコインや仮想通貨の購入を考えている人は、相場や経済情報など変化に常にアンテナを張ることが大切だと思います。

そこで今回は、ビットコインを取り巻く環境や今後の動向、日本の仮想通貨の取引所の状況などについて簡単にご紹介致します。

ビットコイン投資とは

ビットコインは2018年時点で1500種類以上ある仮想通貨のひとつで、最初に開発された仮想通貨であるうえに時価総額が一番高いという点で、仮想通貨の代表ともいえるものです。今でも新たに仮想通貨が誕生している。

日本では、そんなビットコインをはじめとした仮想通貨への投資ブームが巻き起こっているのです。

ブロックチェーンとは

ビットコインを知る上で、もう1つ知っておかないといけないのがブロックチェーンです。簡単にいえば仮想通貨の取引履歴などをすべてオンライン上に保存する仕組みです。

ブロックチェーンという技術を使うことによって、仮想通貨は改ざんができないようになっていてその信頼性が保たれている。

また、ビットコインは仮想通貨の代表格と見なされ、多くの仮想通貨の基軸通貨となっており、仮想通貨の中心的存在なのです。

そのため、ビットコインの価格が変動すると、ほかのアルトコインに影響を及ぼすことがあります。仮想通貨をけん引する存在ともいえるので、アルトコインなどの仮想通貨を取引する人はビットコインの値動きを考える必要があります。

仮想通貨が取り巻く環境の変化をとてもスピードが速く、私がビックリしたことがあります。それは、改正資金決算法の施行です。

ビットコインは決算手段として利用できる

2017年5月に改正資金決算法が施行され、ビットコインは決算手段として国から認められたのです。仮想通貨が決済手段としてはじめて認められたので、急激に日本の世間に知れ渡ることになりました。

また、金融庁が本格的に乗り出したことも、仮想通貨の歴史の中で重要なポイントなのです。

仮想通貨を扱う仮想通貨の取引所は登録制となり、金融庁が監督することになりました。

登録するために厳しい審査基準があり、仮想通貨の取引所の間でも自主規制が進んでいます。一見、監督や規制は仮想通貨を厳しく縛りがあるように見えますが、まだ不安定な仮想通貨を保護する一面もあることから、好材料として捕らえられているのです。

このように仮想通貨でも決済が出来るような世の中になりました。ただ、そんな便利な世の中になったからこそ気をつけないといけないことがあります。

セキリティ対策に意識を向ける

仮想通貨は、実体を持っていない資産になりネット上でも取引が可能です。

そのため、仮想通貨特有の『ハッキング』というリスクがあります。

こうしたリスクから資産を守るためには、セキュリティ対策を万全に行うことは極めて重要です。金融庁が監督しているためセキュリティについては一定の水準が設けられています。

ですが、これから仮想通貨取引を行う人は、こうしたセキュリティ対策を万全に行っている金融庁登録済の仮想通貨の取引所を選ぶことと同時に、自分自身でもセキュリティ対策を行うことも重要です。

実際に今年の1月26日にはコインチェックが取り扱う『NEM(ネム)』がハッキングにより580億相当の仮想通貨が流出してしまった。これはコインチェック側が保有しているものではなく、ユーザーの資産に該当するものでした。

コインチェックでは、他の仮想通貨をはじめとして、取引サービスをいったん停止していました。また、同社が提供する決算サービスもこの影響で停止となりました。

 

簡単にできるセキュリティ対策としては、

セキュリティ対策
『二段階認証を設定する』『セキュリティソフトを導入する』『複数のウェレットで分散保管する』『パスワードを定期的に変更する』
などがあります。

特に、秘密鍵をインターネットから切り離された状態で保管するコールドウェレットなどを活用して分散保管することなどは、有効な対策となるでしょう。積極的にセキュリティ対策を行い自分で自分の資産を守っていきましょう。

それではここからはビットコインの取引について、お話したいと思います。

ビットコインの取引は簡単に出来る

国内の大手仮想通貨の取引所の一つであるコインチェックでは、ビットコインの売買が可能です。また、コインチェックはアプリでの操作が出来るので、初心者の方でも簡単に取引が出来ます。

ビットコインについては、WEB画面でユーザー同士での板取引も可能です。

板取引とは、売りたい人と買いたい人の注文を価格順に並べた板を見ながら取引することです。

板には注文時刻と価格、数量が記載されています。売りたい人の売値と買いたい人の買値がマッチングすると、取引成立となります。

なお、コインチェックは、ビットコインを含めて合計10種類の仮想通貨を扱っています(2019年6月時点)。ビットコイン以外にも、人気のアルトコインを多数取り扱っているため、分散投資に向いてます。

ビットコインのレバレッジ取引の特徴

ビットコインの取引には、現物取引のほかに「レバレッジ取引」があります。

レバレッジとは、テコの原理を意味しており、少ない元手で大きな資金を動かせることを指します。レバレッジ取引の特徴としては、以下のような点が挙げられます。

少ない資金で効率よく取引できる

1つ目は「少ない資金で効率よく取引できる」ことです。

少額からでもレバレッジをかけて大きな金額の仮想通貨取引を始められるために、資金効率が良いのがレバレッジ取引の魅力と言える。

例えば
1万円しか手元になくても、レバレッジ倍率を4倍に設定すれば、4万円までの取引をすることが可能です。

売り注文からでも取引できる

2つ目は「売り注文からでも取引できる」ことです。

現物取引では買い注文からしか取引できませんが、レバレッジ取引では売り注文からも取引が可能です。売り注文の魅力として、下落相場でも利益を上げることができる。

ハイリスクハイリターン

3つ目は「ハイリスクハイリターンである」ことです。

少ない資金でも取引できるレバレッジ取引ですが、その分リスクも大きくなります。特に仮想通貨の場合は価格変動が大きいため、資金に余裕がないとすぐにロスカット(強制決済)され、大きな損失につながります

そのため、初心者の方はまず通常の現物取引になれてから、レバレッジ取引の性質をよく理解したうえで始めることが良いでしょう。

初心者の方も簡単に取引できるため、軽い気持ちでやってしまうと痛い目にあいます。

ヨシアキ
自分もその一人でした笑

仮想通貨のレバレッジ倍率について

 

レバレッジ取引をする際は、レバレッジ倍率が設定されています。

レバレッジ倍率は資金効率のよさを表す反面、リスクの大きさも表しています。レバレッジ倍率について理解しておきたいポイントには、例えば以下があります。

レバレッジ倍率は取引所によって異なる

1つ目は「レバレッジ倍率は取引所によって異なる」ことです。

レバレッジ取引ができる取引所の中でも、レバレッジ倍率は異なります。取引所に口座開設をする前に、自分に合ったレバレッジ倍率を確認しておく必要があります。

なお、今後さらにレバレッジ倍率の上限が引き下げられる可能性もあるため、常にニュースなどの動向には注目しておきましょう。

適切な資金管理が重要

2つ目は「適切な資金管理が重要になる」ことです。

レバレッジ取引はハイリスクハイリターンな取引方法のため、資金管理を正しく行う必要があります。特に、レバレッジ取引ではロスカットと呼ばれる強制決済があるため、必ず余剰資金で行うようにし、リスクを踏まえて取引するのが重要です。

最後に

仮想通貨の代表的な存在であるビットコインはさまざまな特徴をもっています。

決済手段としても世界中で利用されつつあるなどの側面がある一方で、ハッキングリスクなども存在しています。今後、ビットコインの特徴や性質を注意深く理解しておくことは重要だと思います。

しかし、なんどもお話しているように仮想通貨取引にはいろいろな手法があり、大きな利益を生み出すものほど、リスクも大きくなるといえます。

その為、効率よく稼ぐためには自分に合った方法で取引を行うのがオススメです。

「早く利益を出したい」という心理もわかりますが、それで損失を増やしてしまっては意味がありませんので、まずはじっくりと自分に合う手法を検討してみましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。それではまた。