初期費用がなくても簡単?月1万円から始める不動産投資のすすめ

不動産投資

どうも、金子です。

突然ですが皆さんは不動産投資って初期費用がある程度ないと始められないなんて思っていませんか?

積立貯金のように少額で投資ができる不動産投資があったら、興味を持つ人も多いのではないでしょうか。

実は、サラリーマンのお小遣い程度の金額で運用ができる不動産投資が今話題になっています

これまでは、ある程度まとまった資金がないと不動産投資をはじめられないというのが一般的な認識でした。
しかし、新しい投資方法の誕生で、そのような不動産投資に対する認識が覆されようとしているのです。
少額の不動産投資を可能にした”不動産小口化商品”について、今回は詳しく説明していきます。

 

不動産小口化商品とは

数千万円~数億円する不動産を小口化し、1口あたり1万円から100万円程度の少額で売り出しているものが”不動産小口化商品”と言われています。
これは不動産から得られる家賃収入や売却益が、口数に応じて投資家に配分される仕組みになっています。

不動産を小口化することによってクラウドファンディングを利用した出資者の募集も可能となり、資金集めが簡単におこなえるという運営側のメリットができました。

不特定多数の人から小口で少しずつ資金を集めることができるクラウドファンディングは、不動産小口化投資ととても相性が良いサービスになっています。

 

少額での投資も可能

不動産小口化商品の最大の特徴は、1口1万円という少額で運用できるという手軽さにあるといえます。
運営さえしっかりとおこなえば手堅く収益が見込める不動産投資ですが、初期費用には資金が必要とされていました。
ところが、不動産小口化商品の登場によって不動産投資のハードルは大幅に低くなり、これまで不動産投資に手を出していなかった投資家からも関心を集めるようになりました。

1口あたりの投資金額が低く抑えることにより、さまざまな商品に投資することも簡単にでき、投資する楽しみも増えます。

また、毎月コツコツと投資していくことも可能となるので、先を見据えての資金運用にもぴったりです。

 

不動産小口化商品のメリット・デメリット

少額での不動産投資を可能にした不動産小口化商品ですが、多くのメリットがある一方でデメリットが存在することも忘れてはいけません。ここでは、不動産小口化商品のメリットとデメリットを解説していきます。

 

メリット

1. 少額での不動産投資が可能

個人では購入することが難しい、費用の高い不動産であっても、不動産小口化商品であれば1~100万円単位からの投資が可能となっています。小口化することで投資額が抑えられるということが不動産小口化商品の最大のメリットです。

2.相続税対策に効果がある

貸家評価、貸家建付地、小規模宅地等の特例などの評価額を適用でき、遺産分割時に口数毎に分割できるため、相続人間で共有する事なく分割できます。

3. 面倒くさい維持管理が不要

不動産小口化商品では、物件の維持管理は運営会社が行ってくれます。株のように管理の手間がなく気楽に始められます。

4.毎年の配当は不動産所得となる

現物の不動産を持っているのと同じように、分配金は不動産所得となり、建物や設備についは減価償却も取れます。

5. 分散投資が容易

リスクヘッジはあらゆる投資の基本です。一人で物件を所有する場合は複数の物件を購入することすら難しいので、分散したエリアに物件を所有するのは簡単なことではありません。
その点、不動産小口化商品の場合は簡単に複数物件への投資をすることが可能となり、複数商品の購入がおのずとエリア分散につながっていきます。
また、一般的な不動産投資でありがちな、所有財産の大部分を不動産が占めてしまうといった事態も避けることが可能です。エリアのみならず、資産をバランス良く分散させることができる点も不動産小口化商品のメリットです。

 

デメリット

1. 商品数が少ない

最近注目を集めはじめた不動産小口化商品ですが、まだまだ商品数が少ないというのが課題です。また、商品ごとに募集期間が定められているため、自分の好きなタイミングで購入すること困難となっております。

2. 流動性が低い

まだまだ規模が小さい不動産小口化商品の市場では、プレーヤーとなる投資家の数が少ないです。投資商品によってですが商品を手放したいタイミングで売れない場合があります。

3.融資が受けずらい

販売会社提携金融機関があるか、または他の不動産を担保として融資を受ける事は可能ですが、一般的には小口化商品を担保に借入を起こす事は難しい為現金投資がメインとなります。

 

最後に

 

不動産小口化商品といういままでになかったタイプの不動産投資ですが、初耳という人も多かったのではないでしょうか。
しかし、話題になっているとは言っても、まだまだ投資人口が少ないのが不動産小口化商品の現状です。

今後、投資人口が増えれば、上記にあったデメリットも徐々に解消されていきます。今後の不動産小口化商品市場の発展に期待していきましょう。