騙されない賢い不動産投資とは?

不動産投資

こんにちは、慶章(よしあき)です。

いきなりですが、ここで質問です。

よしあき
皆さんは、金融商品ってご存知ですか?

金融商品とは、株やFX、国債や仮想通貨、保険、不動産などのことです。

その中でも、海外金融商品や国内金融商品など種類はさまざまです。

ちなみに、金融大国であるアメリカやイギリスでは小学生の時から教育のプログラムとして、投資を学ぶ時間が設けられているそうです。

一方、日本は投資に対して消極的で他の国に比べて投資の思考を持って、金融商品を扱っている人は少ないと思います。

これは、日本では投資に関して教える文化が育ってないことが原因です。

ひと昔前までは、投資で楽をしてお金を稼ぐという悪いイメージが定着しており、そのせいで現在も投資をしている人が少ないと言えます。

また、投資や金融に対する知識がないことも原因の1つでしょう。

しかし、ここ数年は年金問題や少子高齢化による将来の不安によるものから貯蓄系の保険や投資信託をして、老後を備えようという人たちが増えてきております。

今回、私は投資の中でも絶対的に賢く資産を増やせる不動産投資をオススメします。

そもそも不動産投資とは?

皆さんは、不動産投資と言ったらどういうイメージがありますか?

不動産投資のイメージ

『不動産は高いから自分には無理』『騙されそうで怖い』『強引な営業をしてきそう』

こういったイメージが持っている方も中にはいるかもしれません。

一般の方からしたら不動産を購入するのは自分の人生において、最も高い買い物だと思います。

なので、不動産会社は高額な商品を扱う為利益を多く取れる物件もあり、昔に比べて少なくなって来ていますが強引な営業をしてくる営業マンも多くいます。

また、話していた内容とは違うプランだったり、騙してくる不動産業者も中にはいるでしょう。

すべては、バブル期に植え付けられたイメージが強い!!

しかし!

これらを『たった一つだけ考え方を変えるだけで不動産投資のイメージが良い方向に変わり、むしろ不動産投資をしてみたいという考え方になる』ことも大きく可能でしょう。

不動産投資の内容

ここからは初心者の方でも分かりやすい不動産投資についてお伝えさせていただきます。

不動産投資とは、株やFX、一時期流行った仮想通貨などと同じ金融商品になります。

不動産投資は、物件を購入する際に銀行からお金を融資してもらい毎月のローン返済額は、物件の入居者から毎月もらう家賃で返済する流れになります。他人資本で資産を増やしていくことが出来る唯一の商品なのです。

若い方で一人暮らしをしている皆さんは、今住んでいる家の家賃を毎月支払っている方が思いますが、その家賃でオーナーさんは銀行に対してローンを返済しています。

皆さんもいつのまにか不動産投資に関わっているんですよ。

中には、ローン返済が終わっているオーナーさんや現金一括で物件を購入している人がいるので一概には全物件が上記の様な流れではありません。

上記でローン返済が終わっているオーナーさんや現金一括で購入している人がいるとお伝えさせていただきましたが、銀行に対してローンを返済する必要がない方は、毎月の家賃が丸々ご自身の口座に振り込まれるのです。

これが一般的な不動産投資の仕組みになります。

また、大まかな仕組みをわかって頂いたところで不動産投資のメリットをお話します。

不動産投資のメリット

では、不動産投資のメリットは何でしょうか?

大きく分けて3つあります。

不動産投資メリット
生命保険の効果、個人年金対策、節税の効果

生命保険の代わりになるという点

皆さんは、日本の保険会社や外資系の保険会社に加入している方やそもそも生命保険に加入していない方も中にはいらっしゃるかと思います。

生命保険に加入する理由は、人それぞれですが、主には『家族の為』という部分が大きいのではないでしょうか。

私たちが生活していく上で、いつどんなときに不運な事故や怪我に見舞われるかわかりません。

普通の生活をしていてもリスクはつきものなのです。

それは『万一の時』『急な病気や怪我になった時』『老後のなった時』とありますが、不動産投資の保険も意味合いとしては、上記の生命保険の効果と同じになります。

現在の不動産投資では、自己資金を使わずにすべて銀行から融資を受けることが出来るのです。

銀行から融資を受ける際に『団体信用生命保険(団信)』という保険に加入することが義務付けられており、この保険に加入しないとまず銀行は融資をしてくれません。

それはなぜかと言うと、銀行は契約者に対してお金を貸す時に利息だけで利益を得ようとしたらその銀行はすぐに破綻してしまいます。

もし契約者が万が一高度障害や死亡してしまった場合に借金を契約者の家族に請求せざるを得ない状況になりますよね。

残された家族は、借金を返済していけるかわかりませんよね。

そこで銀行は、契約者に対して団信に加入してもらいます。

そうすると契約者に万が一何かあっても加入している保険会社が契約者の代わりに借金を支払ってくれます。

これだと銀行も借金は返済してくれるし、家族が代わりに借金を支払うこともなくなります。

むしろ家族には、毎月の家賃が収入として得られますし、残った不動産を売却して売却益(キャピタルゲイン)を得ることも可能です。

まさに生命保険の代わりになりますね!

下記の図を参考にしてみてください。

 

 

個人年金対策になるという点

将来、年金が支払われない可能性が大いにあることは皆さん知っているかと思います。

最近のニュースでは、金融庁も老後は2,000万円必要と言うことも公言しました。

それを聞いて老後までには2,000万円貯金できるからいいやなんて思う方もいらっしゃるかと思います。

将来のことは、誰一人として予想できません。

しかし、早い段階から対策をするとしないでは全く老後の人生が変わると思います。

不動産投資は、ローン返済後には毎月安定した家賃が収入として確保できるので個人年金代わりにもできます。

下記の図は参考にしてみてください。

 

節税効果になるという点

不動産投資をすることによって、所得税や住民税を節税することができることです。

サラリーマンは基本的に税金対策をすることがふるさと納税ぐらいでしか行えないですが、不動産を所有することで節税することが可能になります。

この仕組みは、ご説明致します。例えば不動産を2500万円購入し、年間家賃が108万円だとして、経費(減価償却費、管理費、借入金利子、雑費、消費用)など238万円だと仮定し、家賃と経費を差し引きしたときに不動産所得が130万円のマイナス所得として税務署に申告をすると税金が還付してもらうということが可能です。

下記の図を参考にしてみてください。

以上、不動産投資の主なメリットをお話させてもらいました。

他にもお伝えしたいことが山ほどありますが、一気に頭に詰め込んでも脳がパンクしてしまうのでこの辺で。

脱線してしまいましたが、冒頭でお伝えした『たった一つだけ考え方を変えるだけで不動産投資のイメージが良い方向に変わり、むしろ不動産投資をしてみたいという考え方になる』の結論ですが、それは、信頼できる営業マンから購入した実際に物件を所有している人の紹介をもらうのがいいと思います。

理由は明確です。生の声を聞けるからです。

 

ある電化商品を購入しようと考えていると仮定してください。

実際に購入した人、購入していない人どちらから話を聞きたいと思いますか?

言うまでもないと思いますが、もちろん購入した人からお話を聞きたいですよね。

更に、実際に購入した人の何人もから話を聞けたらかなり明確になります。

不動産の場合、もし周りに購入した人がいなかった場合は、思い切って色んなセミナーに参加してみるのもいいと思います。

ただここで気を付けてほしいのは、セミナーを聞いた後は、セミナーを主催している業者から営業をされることも多いので押しに弱い方や断れないタイプの方でしたら行くのはあまりオススメしません。

要は、いかに営業されずに信頼できる営業マンを発見できるかが肝心なところになります。

最後に

最後までお読みいただきありがとうございました。

不動産投資をやる上で、内容とメリットをお話させて頂きました。メリットの部分を中心にお話しましたが、投資をやる上でデメリットはつきものです。

ただ、しっかりとリスクにおいて準備や出口戦略を考えていれば、失敗することもありません。

むしろ、出口戦略を考えてどこで利益を確定させるかイメージを持って購入するほうが賢い不動産投資と言えるでしょう。

今回は、初心者向けに不動産投資についてお書きしましたが、次回は不動産投資の『裏事情』についてお話させてもいます。

是非お楽しみに!!