知らないと恥ずかしい!?今さら聞けない生命保険

資産運用

こんにちは、サカマキです。

ほぼ皆様が加入しているであろう「生命保険」。

意外に内容を理解せず、なんとなく付き合いで入ってる方も多いのではないでしょうか?

友人A
保険は入社時に紹介されて入ってるけど、実は良くわかってない?笑 色々セットで積み立て型らしいのだけど、月々支払い高いんだよね。。

保険はたくさんのプランがあります。たまに相談を受けますが、ご自身は意図しておらず必要のないプランに加入して支払い額が無駄に高い方もおります。

自分にとって何が最適なのかを考え、賢く選択するべきです。

今更聞けず、意外に知らない方もいますので、今回は簡単に生命保険についてお伝えしていきます。

「積み立て型保険」と「掛け捨て型保険」

皆さんもご存知の通り、生命保険は大きく「積み立て型」か「掛け捨て型」に分かれますね。

簡単にお伝えすると下記の通りです。

積み立て型とは

万が一の時の保障が生命保険の役割ですが、保険期間の満了時に「満期保険金」を、解約時に「解約返戻金」を受け取ったりできる商品。このような一定の条件を満たした際にお金を受け取る事ができる保険商品が積み立て型です。アナタが積み立てた金額を保険会社が運用し、支払った金額より将来受け取る金額が高くなるケースもあり、資産形成の手段のひとつと考えられています。

例えば、終身保険・養老保険・学資保険・個人年金保険など

掛け捨て型

掛け捨て型保険と呼ばれるのは、その名の通り解約返戻金や保険期間満了時に受取れるお金がないか、あってもごく少額となる保険商品です。

例えば、定期保険や収入保障保険、一般的な医療保険・がん保険など。

単純に考えれば積み立ての方が無駄なく良い気がしますよね。

しかし、そもそも保障内容が違ったり、支払われる保険金額も違います。

「積み立て」か「掛け捨て」かなどで、単純に選ぶことではありません。

ご自身の年齢や家族構成、将来の貯蓄、今のアナタの状況を考えて選択し、組み合わせていく事が重要になります。

その為には、それぞれの特徴を踏まえ考えてみましょう。

積み立て型のメリットとデメリット

積み立て型のメリットとデメリットを見比べてみましょう。

メリット
  • 掛け捨てにならず、資産形成の手段としても使える
  • 払込保険料の総額を上回る金額の満期保険金や解約返戻金を受け取ることも可能
  • お金に困ったとき、たまっているお金の中から借りる事も可能
  • 保険料の支払いを忘れても、解約返戻金の範囲内で保険料の自動振替貸付
  • 保険料が契約時から変わらない
デメリット
  • 保険料が高い
  • 保険料の払込期間中に解約すると元本割れすることがある
  • 積み立て金は加入時の金利で運用されるため、低金利で長期間お金が固定される

なお、積み立て型の中で終身保険は払い込み期間満了後も解約するまで保障が一生涯続きます。「終身払い」と「有期払い」など払い込み期間も設定できるケースも多いですし、ご年齢が若い内に加入される際は、保険料も安く抑えらて保障期間も一生涯なのでおススメです。

また、学資保険も子供の年齢が小さい内に加入する方が金額も安くお得です。

現在の生活において、お金に余裕がある場合、「一時払」や「全期前納」という方法で、保険期間全体の保険料をまとめて支払う事ができる商品もあります。

まとめて支払うほど総支払額も安くなるので、積み立て型の保険料をまとめて支払い貯蓄性をより高められる可能性があります。

早く払い込みを終わらせて、据え置き期間を長くし、返戻率を大きく上げる事も可能ですから、資産運用としても効果を得られるでしょう。

掛け捨て型保険のメリット

保険料が掛け捨てだとなんだかもったいない気もするかもですが、掛け捨て型保険ならではのメリットももちろんあります。

メリット
  • 保険料が安い
  • 高額な死亡保障を準備しやすい
  • 必要な期間に必要な保障だけ選べる
デメリット
  • 保険料が掛け捨ての為、満期保険金・解約返戻金もない(あっても少ない)
  • 更新型の場合、継続した際には保険料が上がる
  • 保険期間を1日でも過ぎると保障がなくなってしまう

お子様が小さい場合にご自身に何かあった場合は、保険金や保障額が小さいと不安ですよね。

とはいえ、月々の保険料が高いと生活もゆとりがなくなります。

掛け捨て型保険の保険料は、保険金額・年齢・性別・保険料の支払方法などが同じ内容の終身保険や養老保険などの貯蓄型保険と比べて安くなります。

死亡保険であれば、高額な保障を準備しやすい点が魅力で、子育て世帯などが死亡保障を準備するのに適していますし、アナタの人生の状況に応じて、定期的に見直していくと良いと思います。

その他商品の保険効果を活用

保険はアナタの状況にあわせて、積み立てと掛け捨てを組合わせていく事が重要なのはご理解頂けたと思います。

その他通常の保険商品以外で、保険の効果も得ながら資産形成を行う有効な金融商品もあります。

それは、不動産投資です。

ご自宅や投資用の物件を融資を受けて所有すると、団体信用生命保険に加入されます。

団体信用生命保険の効果を簡単にお伝えすると、ご自身に万が一の事があった場合にローンの残債がなくなり、ご家族は無借金で物件を手に入れることができます。

ご自宅の場合は、住宅ローンの残債がなくなる事になりますよね。

投資用物件を持っていた場合も残債がなくなります。

ご家族からすると、そのまま所有して家賃収入を得ても良いし、売却してまとまった資金を得ることも可能です。

東京23区で物件を所有していた場合、売却時は大きな金額を得ることができますよね。

生命保険と同等の効果を得ることも可能でしょう。

また、最近では通常の団信に、がん保険や介護保険の効果を付随する事もできたりと、保険効果の種類も豊富になってきております。

積み立ての保険に加入されている方で、死亡時の保険金の金額を高くする為に、定期保険と組み合わせをしている方もいらっしゃると思います。

ご自身の組み合わせの中に、不動産投資も加えて考えてみるのも良いのではないでしょうか?

まとめ

保険も色々な種類があります。今回は特にお話はしていませんが、積み立て保険の運用利回りを現在の市況で良くする方法もあります。

例えば、円ではなくドルで積み立てをしたり、返戻率を大きくする為に月々の払い込み額を調整する方法などもあります。

ただ万が一の際の保険として考えるのではなく、一つの運用商品として取り組むべきだと思います。

保険はみんながこのプランで良いという事はないので、ご自身の将来を考えながら賢く組み合わせていきましょう。