大手企業ほど副業を解禁?!収入が一つだけだと確実に負けます!

不動産投資

こんにちは、岸田です。

最近、副業というワードをよく耳にする方は多いのではないでしょうか。

僕の周りでも副業を始める方は多く、最近だと、

岸田友人
「ウーバーイーツ始めたんだよね

と言って、友人が待ち合わせ場所に自転車で登場することがありました(笑)

僕の場合極端な例ではありますが、実際、大手企業を中心に副業を解禁する企業が増えてきているんです。

というのも、厚生労働省の労働に対する規定が変わって、国が副業を斡旋する事態になっています。

なぜなのか?

それは、日本の収入と支出のバランスが崩壊しているからなんです。

今や世界一の債務国家となった日本ですが、年々赤字が加速してます。

ですので、増税や年金問題と言った支出を下げて収入をあげる政策がうたれています。

つまり、今日本にはお金がないので、もっと働いて税金を納めてくださいよ。

と言わんばかりに副業を斡旋しているんです。

「日本終わってるな」

と思われる方が多いかもしれませんが、実は副収入を作るって世界的に見ると当たり前の事なんです。

実際、先進国を見ていると日本は、本業の他に収入がない人の割合が圧倒的に多いです。

まぁ、義務教育でお金の勉強をしていない国なので、当たり前っちゃ当たり前ですが、そんな事言ってもしかたありません。

もはや今の日本を生き抜くためには、副収入は必須条件になりつつあるので。

そこで、今回はなぜ副収入が大切か、という基本的な話をお伝えしていこうと思います。

お金の根本的な考え方をぎゅっとした内容になりますので、是非最後までご覧になってください。

では、早速ご紹介していきます!

人生100年時代に生きるために必要な金額は?

では、何のために副収入が必要なのでしょうか?

結論からいうと、現実的に給料だけでは老後に生計を立てるのは不可能だからです。

その一番の原因が、なにかと話題になっている、年金問題や老後の2000万問題などです。

実際、日本人の平均寿命が延びたことにより、当初の年金の計画と大きなずれが生じています。

それにより、当初予定していた金額を大幅にオーバーしてしまい、年金制度自体の破綻が見えてきた。

というのが現状です。

では、実際老後にかかる資金はいったいどれくらいなのでしょうか。

計算方法はとても簡単です。

将来必要な額の公式
月々の今かかっている生活費×12ヶ月×定年退職後の年数

上記の計算方法である程度必要な金額はわかってきます。

仮に、60歳に定年退職、80歳まで生きると仮定して、日本の最低限の生活基準金額の22万円で計算してみると、

月々22万円で、80歳まで生きた場合
22万円×12ヶ月×20年=5280万

となります。

最低でもこれくらいの貯金がないと、将来的に詰んでしまう可能性が大きくなってしまいます。

しかし、平均寿命は年々伸びて来ていて、人生100年時代とまで言われるようになりました。

さらに、夫婦でゆとりのある生活を送ろうと思うと約35万円が月々必要です。

この金額、年数で計算してみると、

月々35万円、100歳まで生きた場合
35万円×12ヶ月×40年=1億6800万円

となります。

平均的な生涯年収が2億円の日本では、到底不可能な数字ですよね。

実際のところ、老後破綻や下流老人が増加傾向にあり、社会的問題視されつつあります。

つまり、今までの働き方、お金の使い方では老後の生活は絶望的です。

その解決策の一つが副収入を作る事というわけです。

資産形成の3ステップ

では早速副収入を作りましょう!

といっても、何からすればいいんだって感じですよね(笑)

そこで、副収入を得るための、基本的な資産形成の3ステップをご紹介していきます。

STEP1.収入

まず一つ目が収入です。

資産形成の基軸となる部分です。

当然、収入がないと生活すらままならないので、皆さん何かしら収入があると思います。

その部分を上げないことには、何をするにしても不便になってしまいます。

その一つとして本業とは別に副業を始める方が多いのですが、その前に本業の給料ベースを上げる必要があります。

例えば、副業としてウーバーイーツをやる場合でも、最初の投資として移動手段を手に入れなければなりません。

1万円のママチャリと10万円の原付では、性能が全く違いますよね。

つまり、1日あたりの効率が全く異なってくるのです。

月に稼げる額が2万円違うだけで、長期的に見るとかなりの損失になって来ます。

ですので、まずはベース作りからする必要があります。

極端な話、長期的に見ても安月給な会社には、居るだけ時間の無駄なので、すぐに転職した方がいいです笑

かく言う僕も、以前は手取りで20万円もない生活を送っていました。

職場の先輩を見ても、そこまで大きく変わってる様子もなく、転職した口です(笑)

結果として、時間もお金も以前より余裕が出たので、転職して正解でした。

今の職場の収入が悪い方は、副業の前に転職を考えたほうが効率的です。

その後、もう少し収入が欲しいのであれば、副業を空いた時間にする。

と言う形が最も効率的です。

まずは、自分の収入を見直すことが資産形成の第一歩です!

STEP2.増やす

次にやるべきなのは、稼いだお金を増やす事です。

実は、日本人はこのステップ2ができていない方が極端に多いんですよ。

というのも、貯金=正義という考え方が根付いているので、投資に回している人が少ないんです。

もはや、国民性になりつつありますよね。

実際、国の貯蓄率を調査したデータを見てみると、約52%が貯蓄に回されていて、世界的に非常に高い国になっています。

貯金が悪だ。

とまでは言いませんが、現在の日本で貯金だけをしていると、どんどん貧乏になってしまいます。

なぜなら、現在の日本の金利は0,001%と非常に低く、たとえ100万円預けていても、1年間で10円しか増えないからです。

利率が超低いだけならまだしも、振り込んだり、引き出したりする手数料を考えると増えるどころかマイナスですよね。

つまり、稼いだお金を増やす為には、銀行に預けるのではなく、ある程度利回りのある投資をする必要があるという事です。

増やす投資先についてはこちらの記事に詳しく書いています。

STEP3.守る

収入をある程度確保でき、それを増やした次にやる事が、資産を守ることです。

この守るというのは、お金を取られない様にする訳ではありません。

増やした資産をどのように減らさないか、という意味です。

どういう事かというと、せっかくお金を増やしていても、それ以上に支出が上回ってしまっては資産が目減りしてしまいますよね。

しかし、支出よりも収入が上回っている場合、お金を使っているのに増えていく状況が作り上げれます。

これができれば、もう一生お金に困ることは一切ありませんよね。

資産を守るためには、ある程度安定したものに投資する必要があります。

というのも、ここまで来るとハイリスクハイリターンの投資に手を出すメリットが全くないからです。

インフレ対策になる現物資産の不動産や、信用のおける会社の株などを長期的に運用するといいでしょう。

最後に

冒頭でもお伝えしましたが、日本に住んでる限り、副収入が何かしらないと老後詰んでしまいます。

ただ、そこまで重く捉えるのではなく、しっかり早い段階から的確に準備さえできれば、余裕で対策できるのです。

ただ、固定概念を持ってしまって、いつまでたっても、

「投資=悪」

という考え方をしていると、今は大丈夫でも、将来的に絶対に負けてしまいます。

そうならない為にも、まずは行動することが大切です。

こちらの記事は上記でご紹介したステップ2の参考になりますので、是非合わせて読んでみてください。

何度も言いますが、将来勝つ為には行動あるのみです。

まずは、お金の基本的な知識を付け、自分に何ができるか判断しましょう。

以上、最後までご覧になっていただき、ありがとうございました!